睡眠時無呼吸症候群|桜木町・馬車道の内科「のげ内科・脳神経内科クリニック」

MENU

Sleep apnea syndrome

日常生活に影響を及ぼす「睡眠時無呼吸症候群」

近年大きな問題となっている睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)。文字通り、眠っている間に何らかの要因で呼吸が止まってしまう病気です。
医学的に睡眠時無呼吸症候群の定義は以下のように決まっています。まず「無呼吸」の定義は、10秒以上気道の空気の流が停止した状態です。そして、「睡眠時無呼吸」の定義とは、一晩で無呼吸状態が30回以上起こった場合、もしくは1時間あたりに5回以上となります。

こんな症状ありませんか?

就寝時の出来事なので、なかなか症状に気づかないかもしれません。
そのため、少しでも起床時に違和感があれば、ご家族やパートナーに寝ているときの状況を聞いてみましょう。

  • 寝ている時

    • 睡眠中に息苦しさを感じる
    • いびきをかくことが増えた
    • 突然いびきが止まって、大きな呼吸の後に再びいびきをかく
    • 突然呼吸が止まる
    • 夜中にむせることがある
    • 夜中に何度も起きてしまう
    • 寝汗の量が多い
  • 起きた時~日中

    • 起床時やけに口の中が渇いている
    • なかなか布団から出られない(起きられない)
    • しっかり寝ていたはずなのに熟睡感がない
    • 起きているときに眠気が常にある
    • 頭痛に悩まされている
    • なかなか疲労感がとれない
    • 身体の重さ、だるさ、倦怠感がある
    • 業務や家事をしていても集中力が長続きしない

睡眠中だけでなく日常生活にも影響が出る理由

良質な睡眠は、日中頑張った脳と身体を休息させるために必要な行為です。しかし、睡眠中に呼吸停止状態が続くと、体内に十分な量の酸素が行きわたりません。酸素が足りなくなると、全身に血液を送る必要が出るため、より心拍数が増加します。これは就寝時に脳や身体に負担がかかっており、満足な休息が取れていない状態です。
そのため、眠気や怠さなどを引き起こし、集中力の低下による生産性の低下、怪我のリスクなどに繋がっていきます。

自覚症状が無い場合も

睡眠時無呼吸症候群は就寝時の出来事なので、なかなか自覚症状を覚えにくいかもしれません。しかし、放置しておくと日中も疲労感が取れず、重大な事故を引き起こす可能性があります。特に、自動車を運転する方は要注意。ある調査によると、居眠り運転の発生率が数倍高くなると報告もされているからです。また、重篤な合併症を引き起こすこともあり、少しでも気になることがあればクリニックに相談しましょう。もし、可能であれば、寝ているときのご自身の状態を家族やパートナーに聞いてみるのも一つの手です。

睡眠時無呼吸症候群になりやすい生活習慣

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、太った男性がかかるリスクが高くなるのは確かです。しかし、痩せている方や細身の女性にもトラブルは増加しており、生活習慣によって生じる可能性が一番高いと言われています。そのため、生活習慣を正していけば適切な予防に繋がります。以下のチェックリストに当てはまる人は注意しましょう。

  • 何度禁煙しても失敗してしまう
  • 慢性鼻炎の症状に悩まされている
  • お酒が大好きで就寝前に特に飲む、ついつい食べ過ぎてしまう
  • 体形がぽっちゃり、肥満気味である
  • 既往歴として、高血圧、糖尿病、高脂血症などがある

睡眠時無呼吸症候群の検査

まず医師による問診を行い、詳しく調べる必要があると判断した場合にのみ検査を提案しますので、安心してお越しください。
ご自宅で出来る「簡易検査」とより詳細な情報が手に入る「精密検査」に分かれます。

簡易検査

普段と同じように寝るだけで、睡眠時無呼吸症候群かどうかを判断できる検査です。やり方は非常に簡単。専用のセンサーを手の指や鼻の下につけるだけで、いびきや呼吸の状態をチェックできます。そのため、仕事や私生活に支障が出ることなく、ご自宅で検査可能です。
「パルスオキシメトリー」と呼ばれる酸素飽和度を調べる検査と、空気の流れをチェックして呼吸状態を調べる検査に分かれます。それぞれ費用が異なりますので、詳細な情報を知りたい方はお問い合わせください。

精密検査

精密検査において活躍するのが、終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査です。PSG検査によって、質の良い睡眠と呼吸が行われているかを調べていきます。
専門の医療機関で入院して行うため、ご自宅では出来ません。
実際の検査の流れ、注意点や費用などは医療機関によって異なります。夜に来院し、病院から職場へ行くなど、仕事に支障が起こらないよう調整することも可能な医院もあります。お気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療は、主に症状を緩和させる対症療法と、根本的に原因を取り除く根治療法の二種類が存在します。状態や原因に応じて、治療方法は決まるので、どちらが優れているというわけではありません。
また、そもそもの問題として、生活習慣がSASのリスクを高めていることもあるため、脂っこい食生活を抑えたり、運動をしたりすることも大切です。

CPAP療法

気道に空気を送り続ければ、常に気道は開いている状態となります。この原理を睡眠時無呼吸症候群の治療に利用したのがCPAP療法です。エアチューブと専用のマスクを連動させて、気道へと空気を送り込んでいきます。

マウスピース療法

下顎を前に出すようにマウスピースで固定する治療法です。上気道が広くなるので、無呼吸状態を改善できます。ただ、マウスピース療法が有効なのは初期から中期のレベルまで。重症の方には、効果が期待できないとも報告されています。マウスピース製作は、SASについての知識がある専門の歯科医に依頼します。

外科的手術

SASの原因が喉のアデノイドや扁桃肥大などによる場合は外科手術を検討します。これらが問題となるのは小児の患者様ですが、検査の結果次第では成人の方も適応できるケースがあります。

ページトップへ