パーキンソン病|桜木町・馬車道の内科「のげ内科・脳神経内科クリニック」

MENU

Parkinson’s disease

体の動きに障害があらわれる「パーキンソン病」

日々休み無く動いている私たちの身体。その司令塔的な役割を担っているのが脳の大脳皮質です。私たちが身体を動かそうとすると、大脳皮質から神経伝達物質のドパミンが分泌されて、全身の筋肉をスムーズに動かしていきます。
パーキンソン病は、何らかの要因でドパミン神経細胞に異変が起こり、作られるドパミンの量が減少してしまう病気です。結果として、体の震えや動きの調節がうまくいかなくなり、日常生活を営むのが困難になります。
パーキンソン病は決して稀な病気ではありません。現在の日本では65才以上の「100人に1人」がかかる病気と言われています。

こんな症状ありませんか?

症状は、大きく分けて身体の動きに関係する「運動症状」と身体の不調に関係する「非運動症状」に分かれます。
パーキンソン病とよく似た症状に、「パーキンソン症候群」がありますが、
原因が異なるため、問診と検査で慎重に診断する必要があります。

運動症状 動きや行動に表れる症状

  • 寡動・無動

    素早い動きができない、足がすくむようになる、緩慢な話し方に変わる、まばたきが減る、無表情になる、書く文字が小さくなる

  • 固縮

    肩・膝・指などの筋肉が緊張する、手足の関節が硬くなる、他人が無理やり身体を動かしても上手く動かない

  • 静止時振戦

    何にもしていなくても震えが起きる、起床時に震えがある、足や顎など特定の部位だけ震えが起こる

  • 姿勢反射障害

    身体のバランスが悪くなる、転びやすくなる、方向転換できない、歩行障害が起こる、自然に体が斜めに傾いてしまう

非運動症状 体の調子や精神的に表れる症状

  • 自律神経症状

    むくみ、めまい、立ちくらみ、手足の冷え性、ホットフラッシュ、発汗、便秘や頻尿などの諸症状

  • 精神症状

    幻覚や幻聴、妄想、うつ・不安症状、意欲の低下、幻覚や錯覚・妄想などの諸症状

  • 疲労や疼痛、体重減少

    慢性的な疲労、肩こりや腰痛、手足しびれ、体重の著しい減少

  • 嗅覚障害

    味がしなくなることで気が付くことがある

  • レム睡眠、行動異常

    はっきりとした夜間寝言、手足の動き、夢遊病

パーキンソン病の症状経過

  • 発症/診断・治療開始

    自覚症状
    周りからの指摘

  • ハネムーン

    どんな治療でもよく効く
    ハネムーン(3~5年程度)

  • 進行期

    L-ドバによる
    運動合併症

  • 生活に支障が出たら

    進行期パーキンソン病
    外科的治療を考慮

発症

大脳皮質から分泌されるドパミンが減少すると、身体動作に異常がおきます。具体的には、細胞数が20%、ドパミン量が60%まで減少すると症状の兆候が出て来ると言われています。健康な人でも加齢とともに、ドパミン神経産生細胞は減少しますが、パーキンソン病の患者様はより顕著です。

ハネムーン

パーキンソン病が発症してから約3年から5年を「ハネムーン期」と呼びます。これは、L-ドパ製剤などの治療薬が効力を発揮しやすい時期だからです。来院と定期的な薬の投与によって、比較的症状を軽くすることが期待できます。

進行期(L-ドバによる運動合併症)

パーキンソン病が進行すると、比較的多くなる症状が運動合併症です。薬の効力が弱まる「ウェアリングオフ現象」や薬を飲んでいても手足が動いてしまう「ジスキネジア」があります。これらの症状が現れて以降を「進行期パーキンソン病」と呼び、デバイスを使った補助療法(DAT)などの治療手段を追加していきます。

  • ウェアリングオフとは?

    L-ドパ製剤などの治療薬を投与すると、一時的に症状が緩和します。しかし、ある時期を境に、2~3時間経過すると、手や足が震えるなど薬の効果が切れてしまいます。

  • ジスキネジアとは?

    ウェアリングオフの少し後に起きやすい症状が「ジスキネジア」です。L-ドパ製剤などの治療薬を投与しても、薬の効力が発揮されず、手足が勝手に動く症状です。

パーキンソン病の検査

いつごろから症状が出ているのかの問診、手足の異常や震え(筋固縮や姿勢反射)などの動作確認を行います。
パーキンソン病の疑いが強い場合は、画像検査で脳の状態を詳しく診断していくという流れです。
よく似た症状であるパーキンソン症候群と鑑別するため、丁寧な検査で慎重に現状を判断する必要があります。

  • 1回目問診、神経学的診察、各種採血検査、認知機能検査を行います。
  • 2回目ドパミン補充療法への反応を確認(診断困難例は連携病院でMIBG心筋シンチを撮影)します。
  • 3回目診断.重症例は「指定難病医療費助成」を当院で申請します。

治療について

パーキンソン病の治療法には、主にL-ドパやドパミンアゴニストを投与する
「薬物療法」と専用のデバイスを用いた「DAT補助療法」に大別されます。
さらに、忘れてはいけないのがリハビリテーションです。
患者様ご自身が楽しんで、少しでも体を動かしていけば、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を高める効果があります。

薬物療法

パーキンソン病における薬物療法は、患者様の状態によって様々な治療薬を組み合わせていきます。主には、減少したドパミンをL-ドパ(L-dopa)や、より強力なドパミンアゴニストで補っていく対症療法的な治療がメインです。
ドパミン神経の減少自体を止める治療薬はありません。またドパミン自体を摂取しても、脳には直接作用しません。そのため、ドパミン作動薬を用いて、どう効率的に脳へとドパミンを移行させていくかが重要になってきます。
それぞれの薬が持つ作用を理解し、他に併用している薬との飲み合わせに注意する必要があります。

デバイス補助療法 (DAT:Device Aided Therapy)

L-ドパ製剤などの治療薬は、投与していると徐々に効力が薄れ、持続期間も短くなる傾向にあります(ウェアリングオフ現象)。また、ジスキネジアと呼ばれる手足が勝手に動く症状も発症することがあります。
そのようなパーキンソン病が進行した場合に行うのがデバイス補助療法(DAT:Device Aided Therapy)です。
DATには、脳に細い電極を埋め込んで、電気刺激を行う脳深部刺激療法(DBS)とポンプとチューブを用いて、小腸に薬液を少しずつ流し続けるL-ドパ持続経腸療法(duodopa療法)があります。ただしDATはすべての患者様の症例に対応出来るわけではありません。一人一人の状況に応じて、適切な治療法を提案いたします。

リハビリテーション

身体の機能を徐々に衰えさせるパーキンソン病。そのまま、身体を動かさないと、どんどん状況は悪化します。さらに、非運動症状としてやる気の無さも併発するため、ますます患者様は運動をすることに消極的になります。だからこそ、パーキンソン病の改善には、一人一人楽しく行えるリハビリテーションが大切です。一歩ずつでも、毎日楽しく身体を動かすチャンスがあれば、運動機能の改善に繋がり、生活の質を向上させることができます。

パーキンソン病はじっくりと経過を見ることがとても大切です

パーキンソン病の兆候は、手足の関節が硬くなる、話し方が緩慢になる、手足が震えるなどです。しかし、同じような症状は別の病気においても見られます。そのため、焦らずに丁寧に経過を見ることも重要になってきます。

ページトップへ