診療案内|桜木町・馬車道の内科「のげ内科・脳神経内科クリニック」

MENU

Medical guidance

全身に生じる異常、当院にご相談ください

来院される皆様の健康を守るため、高血圧、高脂血症、糖尿病、心房細動を管理し「生理検査」の資格を持った女性技師が
頸動脈エコー、心エコー、ABPM(24時間血圧計)、ホルター(24時間)心電図などを定期的に検査し、
万病のもとである動脈硬化を予防します。

脳神経内科

呼吸器科や循環器科などと比べると、脳神経内科はどのような症状に対応しているかわかりづらいかもしれません。脳神経内科は、内科の中でも特に脳、脊髄、筋肉、神経などを重点的に見る分野です。つまり、体を動かしたり、物を考えたりすることと関係しています。
主な病名としては、てんかん、片頭痛、脳梗塞、アルツハイマー病、パーキンソン病、てんかん、ギラン・バレー症候群、睡眠時無呼吸症候群など。
身体にしびれがある、力が出せない、転ぶことが増えた、足がふらつく、手足がつっぱる、飲食時や就寝時にむせる、言葉が上手く出てこない、物忘れが増えた、頭痛がひどいなど少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。

パーキンソン病

  • 指を擦るような震え
  • 小刻み歩行
  • 腰曲がり
  • 首下がり
  • 仮面様顔貌

パーキンソン病は脳内のドパミンが減少して体を動かしづらくなる神経疾患です。65歳以上の高齢者の100人に1人が罹患するとされ、決して稀な病気ではありません。
内服薬で脳内のドパミンを補うことで症状は改善しますが、時に不随意運動や興奮が出現しますので、小まめな薬剤調整が必要です.当院はパーキンソン病の診断から、内服調整、難病申請、訪問診療まで行い、患者様がご自宅で1日でも長く、自分らしい生活がおくれるようにサポートしてゆきます。

パーキンソン病

てんかん・痙攣(けいれん)

  • 短時間の意識消失
  • 手足のつっぱり
  • 痙攣反応
  • 筋肉が一瞬ピクッとする
  • ボーっとしていて応答がない

近年「てんかん」による交通事故が社会問題化し、また認知機能低下を生じるNCSE(非痙攣性てんかん)が多いことがわかり、実際の脳活動を脳波計で測定することが重要視されております。当院ではデジタル脳波計で脳の微細な信号を分析し、てんかんの発見や、脳活動の評価が可能です。また、抗てんかん薬の「整理」や他剤との飲み合わせのご相談も承ります。
また、顔面の痙攣(眼瞼痙攣)の治療も行っています。治療はボトックス注射が著効します(ボトックス注射は保険適用ですが、1割負担でも3000円程度の費用が生じます)。内服薬ではクロナゼパム、バクロフェンが一時的に有効なことがあります。

てんかん・痙攣(けいれん)

認知症

  • ひどい物忘れ
  • 怒りやすくなった
  • 昼夜逆転
  • 激しい被害妄想
  • 徘徊
  • 暴言が多い

認知症と聞くと、単純な物忘れをイメージされる方も多いかもしれません。しかし、認知症とは脳細胞が減少し、脳の認知機能全般に障害を起こすことです。規則がわからなくなったり、怒りっぽくなったり、夜にずっと起きていたりといった症状も併発し、日常生活を営むのが困難になります。重要なのは、治る認知症を見逃さないことです。認知症と診断されたらドネペジル、メマンチンなどのお薬を検討します。

認知症

総合内科

現代人にとって大きな問題となっている生活習慣病。当院では患者様が健康な生活を送れるよう、栄養療法、薬物療法や生活習慣の指導などを積極的に行っています。そのような全般的な慢性疾患に対応できるのが総合内科というわけです。
生活習慣病は放っておくと、深刻な合併症を引き起こすリスクが高まります。特に気を付けなければならないのが、高血圧・糖尿病の患者様に多い眼の合併症です。痛みや違和感などの自覚症状がまったくないまま、進行するケースも多いことから、早期発見・早期予防が何よりも大切です。
当院では、様々な検査機器を導入し、定期的な検査を受けられる態勢を整えています。また専門外来と連携し、対応の難しい分野の検査や診断も紹介できますので、安心して通っていただけます。

高血圧・動脈硬化

  • 血圧が高い
  • 不安定な血圧変動
  • 失神
  • 自律神経の予備能が低下

高血圧は動脈硬化や脳卒中の最大の原因とされており、放置することは好ましくありません。当院は来院された患者様の動脈硬化を頸動脈エコー、ABIという機械を用いて客観的に評価します。当院では降圧薬を内服している患者様は低血圧にならぬように「血圧手帳」「24時間血圧計」を用いてチェックします。

高血圧・動脈硬化

喘息・COPD・睡眠時無呼吸症候群

  • 咳が続いている
  • 息切れを起こしやすい
  • 呼吸が困難な状態
  • 日中に息苦しさを感じる
  • 息をするとゼーゼー音が聞こえる

喘息、COPDの患者様が良い呼吸状態を維持するには禁煙の継続に加えて、ステロイドや抗コリン薬の吸入の継続が必要です。呼吸状態を鋭敏に反映する「スパイロメーター」を用います。また、睡眠中の呼吸不全が日中の耐え難い眠気を生じる睡眠時無呼吸症候群は「夜間ポリソムノグラム」の機器を貸し出して診断します。毎週水曜日、呼吸器科専門医が診療を行います。

睡眠時無呼吸症候群

糖尿病

  • 疲れ目・目のかすみ
  • 慢性的な疲労感
  • 皮膚の乾燥
  • 手足の感覚が鈍い
  • 手足がチクチク痛む

炭水化物などを摂取すると、体内で消化・吸収されてブドウ糖となり、血液中に運ばれていきます。その際、すい臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されて、効率的に血糖値をコントロールしていきます。
糖尿病とは体内のインスリンが適切に分泌されないために、血液中のブドウ糖が増えてしまう病気です。慢性的に高血糖状態が続くと、血管が傷つき、目の失明、重い心臓病、脳梗塞、腎不全など、より重篤な糖尿病の慢性合併症につながっていく可能性があります。

高脂血症

  • 毎食食べ過ぎてしまう
  • 脂っこいものが好き
  • 糖尿病や腎臓病などの症状がある
  • 運動が苦手
  • 喫煙習慣がある

コレステロールが血管壁に沈着して万病の源となる動脈硬化を引き起こします。また、肝臓に沈着すると脂肪肝から肝硬変を引き起こします。当院の頸動脈エコーでプラークが検出された患者様、腹部エコーで脂肪肝が見つかる患者様には内服の開始をお勧めします。

エピペン(アナフィラキシー)

  • けいれん
  • 意識障害
  • 冷や汗
  • 血圧の低下
  • 脈拍が弱くなる
  • かゆみ
  • 嘔吐
  • 下痢

アナフィラキシーの発症に備えます。アドレナリンを自己注射することで危険なアナフィラキシー・ショック(血圧低下)を回避し、同時に肥満細胞と好塩基球の脱顆粒を防ぎ、アレルギーの増悪も防ぎます。
教育現場の責任者が用いることも可能です。また、林業、造園業、工事現場など蜂刺しリスクの高い方が持っておくことをお勧めします(本剤は約2年間有効です)。
※ 本剤を御使用後は速やかに救急科への受診をお勧めします.

訪問診療

月に2回、通院が困難な患者様を対象にご自宅に伺って診療を行います。24時間対応していますので、診療時間外になにかあった時でも安心してご相談頂けます。
また、検査も自宅で可能です。患者様の「大切な場所」であるご自宅に「敬意」をもって往診します。

訪問診療

ページトップへ