クリニック案内|桜木町・馬車道の内科「のげ内科・脳神経内科クリニック」

MENU

Clinic information

桜木町駅前のホームドクター

のげ内科・脳神経内科クリニックは、風邪、胃腸炎、頭痛、不眠・不安、帯状疱疹などの一般的な病気から、
パーキンソン病、アルツハイマー型認知症、ALSのような神経難病まで総合的に診療する、街のホームドクターです。
ご来院できない患者様には訪問診療も行いますので、ご相談ください。

  • 脳神経内科・
    呼吸器科・総合内科

    専門医による「総合的」な診療が可能.総合病院とも密接に連携

  • 頭痛外来

    頭痛専門医による「頭痛外来」。心エコーでシャント検索も可能

  • てんかん診療

    「デジタル脳波計」を備えた「てんかん診療」を実施

  • ベテラン検査技師(女性)による検査

    医師が診療の合間に行うのではない、時間をかけた「デジタル脳波」「超音波」「24時間心電図&血圧計」「肺機能検査」

  • 不眠症・
    自律神経失調症

    睡眠時無呼吸症候群の検査&治療が可能。不眠症・自律神経失調症にも適切な処方を行います

  • 予防医学

    「肺炎球菌・帯状疱疹・風疹ワクチン」や「動脈硬化予防」に注力

  • 在宅検査

    在宅でレントゲン、心電図、脳波、超音波検査が可能

院長ごあいさつ

のげ内科・脳神経内科クリニック 院長


Watanabe Kosuke

このたび、皆様のお力添えで、生まれ育った「横浜・野毛」に開業させていただくこととなりました。このように独り立ちできたことは、様々な先生方の御指導によるものと感謝しております。

日本有数の救急病院である「横浜市立みなと赤十字病院」では東京医科歯科大学・神経内科の先生方のご指導の下、多彩な急性期・神経疾患を受け持ち、私の脳神経内科の基礎となりました。東日本大震災後、私を温かく迎えて下さった「斎藤病院(宮城県石巻市)」では東北大学・神経内科の先生方のご指導を受けながら、多くの神経難病の診療を経験させていただきました。横浜に戻り「横浜市立脳卒中神経脊椎センター」では横浜市大・神経内科の先生方を中心に、新しく精度の高い医療を御指導いただきました。

いまだ医師として発展途上の身ですが、次は地域の患者様を「師」として、初心を忘れずに日々精進してゆきたいと思います。

経歴

経歴
  • 1974年 横浜生まれ
  • 慶応義塾大学環境情報学部 卒業
  • 4年間の会社員生活の後、金沢医科大学 編入学
  • 茅ヶ崎徳洲会総合病院
  • 横浜市立みなと赤十字病院 神経内科
  • 斉藤病院(宮城県石巻市) 神経内科
  • 横浜市立脳卒中神経脊椎センター 神経内科 副医長
留学
  • 英国Seaford College
  • Hawaii大学(交換留学)

専門医・指定医・所属学会

専門医・指定医
  • 神経内科専門医(日本神経学会)
  • 頭痛専門医(日本頭痛学会)
  • 総合内科専門医(日本内科学会)
  • 難病指定医、身体障害指定医(肢体不自由・嚥下)
  • 生活保護法指定医療機関、自立支援医療指定医療機関(精神)
所属学会
  • 日本認知症学会
  • 日本てんかん学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会
  • 日本神経生理学会
  • 日本救急学会

趣味

水泳、スキンダイビング、空手、剣道、絵画

座右の銘

「晴れはよし、雨もまたよし」

Doctors Fileはこちら

院内風景

設備紹介

  • 脳波計 EEG-1250 ニューロファックス

    コンパクトで高い性能を持つ、aEEGに対応したペーパーレス脳波計です。外部からのノイズを判別して正しい脳波を測定し、長時間にわたって変化する脳波データを分かりやすく表示します。

    ★往診先で脳波を図ることもできます。

  • EEGヘッドセット AE-120A

    簡単に頭に装着できる、短時間で測定が可能な脳波測定器です。フレキシブルアームを使用しているため、患者さん全員の頭部にフィットします。脳波計や生体情報モニタには、リアルタイムで測定中の脳波データを表示することが可能です。

    ★主に往診先で用います。

  • LOGIQ V5 Expert

    超音波診断装置です。読影と診断の効率を上げあるため、数多くのオート解析と診断機能を搭載しています。スピーディーな診断をサポートします。

  • PX-20BTmini

    バッテリー搭載式ポータブルX線撮影装置です。軽量でサイズが小さく、表示文字180°回転するPX-20BTminiは、訪問医療や災害医療で活躍します。撮影条件メモリは15種類搭載されており、コンパクトな設備の中に充実の機能を備えています。

    ★往診先でレントゲンを撮影できます。

  • Butterfly iQ

    米国製のポータブルエコーです。往診で心臓やお腹、血管、どこでも調べられます。

    ★持ち運びできるため、往診でも使用しています。

  • 心電計 ECG-2250

    コンパクトで見やすく、分かりやすい心電図。画面表示された波形を遡って記録できるフリーズ機能を利用し、波形の揺れに左右されずに患者さんの波形を正しく記録できます。有線LANによるデータ通信を使用して心電図データを保存することも可能です。

    ★往診先で心電図ができます。

  • マイクロスパイロ HI-302

    呼吸器の機能を測定する超音波式スパイロメータ。高流量域測定に適しており、着脱式センサで衛生的です。20,000件の測定データが保存可能です。喘息、COPDの診断に用います。

  • 血圧脈波検査装置 HBP-8000

    コンパクトなマルチ血圧計です。心電・心音センサを装着しないでABIとPWVを測定できるだけでなく、動脈硬化の測定も可能です。血管の状態をイラストで表示することで、患者さんもご自身の体を理解しやすくなります。

  • 解析ターミナル TM-2486

    携帯型の血圧計用解析ターミナルです。見やすいタッチパネルで使いやすく、幅広い解析が可能です。24時間心電図の解析に用います。

  • 脳波計 EEG-1250
    ニューロファックス
  • EEGヘッドセット
    AE-120A
  • LOGIQ V5 Expert
  • PX-20BTmini
  • Butterfly iQ
  • 心電計 ECG-2250
  • マイクロスパイロ HI-302
  • 血圧脈波検査装置 HBP-8000
  • 解析ターミナル TM-2486

医院概要・診療時間

        
医院名 のげ内科・脳神経内科クリニック
所属 横浜市医師会
住所 〒231-0063  横浜市中区花咲町2-66 桜木町駅前ビル6F
連絡先 045-251-7700(8:30-12:00 14:00-18:00)
080-7540-3859(開院時間外)
メールアドレス noge.neurology.office@gmail.com
診療科目 内科、脳神経内科、呼吸器科、心療内科
診療機能 難病指定医、身体障害指定医(肢体不自由・嚥下)、生活保護法指定医療機関、自立支援医療指定医療機関(精神)、在宅療養支援診療所、被爆者一般疾病医療機関、結核患者、JICA横浜・顧問医
言語・Language English available anytime

診療時間のご案内

診療時間 日・祝
8:30~12:00
14:00~18:00

水曜午後…訪問診療 / 【休診日】土曜午後、日曜、祝日

アクセス

  • 市営地下鉄ブルーライン「桜木町」南1口より徒歩10秒
  • JR「桜木町」南口改札を出て右側の「のげちかみち」を通り南1口より徒歩10秒(エスカレーター上り、右→右で救急センター向い)
  • みなとみらい線「馬車道」より徒歩10分
  • お車でお越しの方は、近隣の有料駐車場を御利用ください

提携病院のご案内

  • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター
  • 横浜市立みなと赤十字病院
  • 渡邊醫院
  • けいゆう病院
  • 横浜市立市民病院
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター

クリニックの歴史

「渡邊病院」から「のげ内科・脳神経内科クリニック」へ

当院の所在地である横浜市中区は曾祖父・渡邊房吉が「渡邊病院」を開業し「関東病院」の院長を務めた地と聞き、この地に開業することは縁に導かれた感があります。知り得る限り、渡辺の医療は渡辺玄泰(嘉永2年)に始まり立庵、玄光(安政)、弘庵、房吉、哲夫、淳・良、耕介(私)と8代受け継がれてきました。初代・玄泰は相模で農民の為に立ち、投獄され、獄死したたと史実にあります。その義侠心に医療の原点を感じ、少しでも自分に備わっていることを願います。

ページトップへ