内科・脳神経内科・頭痛・てんかん・認知症
 横浜市医師会 のげ内科・脳神経内科クリニック
〒231-0063  横浜市中区花咲町2-66 
桜木町駅前ビル6F 
045-251-7700 / 
080-7540-3859
noge.neurology.office@gmail.com

挨拶

挨拶

皆様の健康をお守りするために精進を続けます


このたび、皆様のお力添えで、生まれ育った「横浜・野毛」に開業させていただくこととなりました.このように独り立ちできたことは、様々な先生方の御指導によるものと感謝しております.

日本有数の救急病院である「横浜市立みなと赤十字病院」では東京医科歯科大学・神経内科の先生方のご指導の下、多彩な急性期・神経疾患を受け持ち、私の脳神経内科の基礎となりました.東北大震災後、私を温かく迎えて下さった「斎藤病院(宮城県石巻市)」では東北大学・神経内科の先生方のご指導を受けながら、多くの神経難病の診療を経験させていただきました.横浜に戻り「横浜市立脳卒中神経脊椎センター」では横浜市大・神経内科の先生方を中心に、最先端医療を御指導いただきました.

いまだ医師として発展途上の身ですが、次は地域の患者様を「師」として、初心を忘れずに日々精進してゆきたいと思います.

※ 余談ですが先日、横浜市中区が曾祖父・房吉が「渡邊病院(写真下段)」を開業し「関東病院」の院長を務めた地と聞き、この地に開業することは縁に導かれた感があります.知り得る限り、渡辺の医療は渡辺玄泰(嘉永2年)に始まり立庵玄光(安政)、弘庵、房吉、哲夫、淳・良、耕介(私)と8代受け継がれてきました.初代・玄泰は相模で農民の為に立ち、投獄され、獄死したたと史実にあります.その義侠心に医療の原点を感じ、少しでも自分に備わっていることを願います.

平成31年3月 渡邊 耕介  
座右の銘 「晴れはよし、雨もまたよし」

経歴・趣味

経歴

  • 1974年 横浜生まれ.慶応義塾大学環境情報学部卒.4年間の会社員生活の後、金沢医科大学に編入学
  • 茅ヶ崎徳洲会総合病院 
  • 横浜市立みなと赤十字病院 神経内科
  • 斉藤病院(宮城県石巻市) 神経内科
  • 横浜市立脳卒中神経脊椎センター 神経内科 副医長
  • 留学:英国Seaford College・Hawaii大学(交換留学)

趣味:水泳、スキンダイビング、空手、剣道、絵画

所属学会・専門医情報

■専門医
・ 神経内科専門医(日本神経学会)
・ 頭痛専門医(日本頭痛学会)
・ 総合内科専門医(日本内科学会)
■所属学会
・ 日本認知症学会
・ 日本てんかん学会
・ 日本脳卒中学会
・ 日本パーキンソン病・運動障害疾患学会
・ 日本神経生理学会
・ 日本救急学会