てんかん・痙攣(けいれん)|桜木町・馬車道の内科「のげ内科・脳神経内科クリニック」

MENU

Epilepsy / Convulsions

てんかんは様々な病型があります。
ふるえや認知症の原因がてんかんであることもあります。

適切な抗てんかん薬を続ければふつうに日常生活を送ることができます。

部分発作 脳の一部から興奮が始まり、範囲が広がると全身にけいれんを生じる

  • 運動発作

    ピクピク、がくがくと手や顔の一部が反応する、痙攣が起こる

  • 視覚異常

    主に一部の景色がゆがんでみえる、黒く抜ける、時にないはずの色が見えるなど、またてんかんの前兆として既視感、未視感が出ることもあります。

  • 複雑部分発作

    一点を見つめて固まったようになる、口をもぐもぐして、つばを飲み込む。数分でもとに戻る

全般発作 脳の大部分または全体がほぼ同時に興奮

  • 欠神発作

    呼びかけに応じなくなり、一点を凝視してしばらくすると回復する発作症状です。

  • ミオクロニー発作

    両手や両足の筋肉が無意識にビクッと動きます。手に持ったハシがとんだり、転倒してしまうほど強く発作が出ることもあります。

  • 強直間代発作

    手足を伸ばしたまま、呼吸が中断し、全身が硬直またはガクガクと痙攣する発作です。※発作中は絶対に口の中に指を入れてはいけません

痙攣(けいれん)=てんかん だけではない?

「てんかん」はやっかいですが「危険」ではありません。
よって痙攣が起きたとき、まず「てんかん」ではなく低血圧症、低血糖、低ナトリウム、不整脈、脳卒中等の、
他のより危険な疾患を疑います。
これらの原因は、脳への障害が関係する「脳実質性」と低酸素や中毒症などの「代謝性」に分けられます。

  • 脳実質性

    脳梗塞、脳出血
    脳腫瘍、頭部外傷
    脳炎、髄膜炎
    先天的な脳奇形
  • 代謝性 脳以外の発熱や電解質異常や中毒症状などが原因

    低血糖、低ナトリウム血症(水中毒)
    不整脈、低血圧、低ビタミン血症

痙攣のその他の原因

顔面・眼瞼痙攣・メージュ症候群

眼瞼痙攣。眼瞼痙攣は片方、または両方の眼瞼が意図せず、閉じてしまい、眼瞼が重たい、目を開けていられない、と感じる障害です。原因は不明ですが、当院ではこれを内服療法、ボトックス注射で対応しております。

内服は、クロナゼパム(リボトリール)、ラコサミド(ビムパット)を投与します※症状は当初は消失しますが、数カ月後に再発して徐々に内服を増やすことが多いです。

ボトックス注射はボツリヌス菌の筋弛緩作用のある毒素のみを抽出した薬で、目の周りや口の周りに注射することで、症状を改善します。効果は3ヶ月間持続するため、3カ月毎に注射することで症状の改善を維持することが可能です。

てんかん診療のながれ

基本的に問診、血中濃度測定、脳波検査の流れを1年をとおして繰り返します。
診断直後は頻回に通院し、検査を繰り返し、まずは発作をしっかりと抑えます。
数年経過して発作が落ち着いている場合は、年2回程度にまで検査を減らしてゆき日常生活を優先していただきます。
※必要な場合は自立支援、精神手帳を交付します

だいじなこと

  • 抗てんかん薬は副作用が強いため、若年者はてんかんと診断されても、発作を繰り返す場合のみ投与します。発作がしばらくみられない場合は、減薬し、成人になるまでに一度は休薬を試みます。
  • 逆に高齢者のてんかんは再発率が格段に高いため、1回の発作で抗てんかん薬を飲む事を当院では推奨しております。副作用が出ないように脳波と薬剤血中濃度を比較しながら慎重な投与を心がけております。
  • ご高齢には認知症と間違われるNCSE(非痙攣性てんかん重積)と呼ばれ、急に物の操作を忘れたり、意味不明な運動を繰り返し行うなど、急激に認知機能が低下したように見える、てんかんを生じることがあります。MRIでこれを見つけることは困難ですが、脳波では容易です。当院でも認知症を疑って受診された患者さんから何例ものNCSEが見つかり、抗てんかん薬で、速やかに正常化しております。

当院で処方する主な抗てんかん薬

レベチラセタム(イーケプラ)

安全性が高いこと、切れ味がまずまずであることから、当院の1st Choiceです。薬価がまだ高いことが難点です(薬価の為に処方が続けられない場合は当院で自立支援、精神手帳の交付が可能です)。単剤での催奇形性も低く、仮に妊婦さんにてんかんがあり、どうしても処方が必要な場合は同薬が選択されるべきと考えます。

カルバマゼピン(テグレトール)

切れ味は抜群です。当院ではてんかん以外にも三叉神経痛や様々な神経痛に処方することがあります。いわゆる・テグレ酔いと言われる眩暈感を生じることがあり、注意が必要です。

クロナゼパム(リボトリール)

予防系・抗てんかん薬では珍しい、ベンゾジアゼピン系(いわゆる安定剤と呼ばれる類)です。催眠作用があるため、不眠、夜間異常行動、偽てんかんに用います。

バルプロ酸(デパケン)

過去に頻用された抗てんかん薬です。抗てんかん作用の他に、気分改善効果が強く、また片頭痛抑制効果もあり当院では片頭痛に用いられることが多い薬剤です。

ページトップへ