片頭痛・群発頭痛ニュース(9月5日更新)|桜木町・馬車道の内科「のげ内科・脳神経内科クリニック」

MENU

TOPICS

お知らせ

片頭痛・群発頭痛ニュース(9月5日更新)

・ 頭痛診療ガイドライン2021に従い妊娠初期でもトリプタン製剤・プロプラノロール等の投与を検討

・ 群発頭痛の在宅酸素療法(7リットル×15分間)を開始.保険適用で自己負担1万3000円/月程度

・ 当院で群発頭痛患者3名中3名に「アイモビーグ」が奏功.自費での投与を検討中.

・ 当院のCGRP関連製剤(エムガルティ・アイモビーグ・アジョビ)の注射患者数が100名を超える

・ 「エムガルティ・アイモビーグ」の持ち帰り・自己注射が可能.当院では最大3本(3か月分)の同時処方が可能.

・ 「アジョビ」の3本同時投与の患者数が10名に.うち9名が3本同時投与を繰り返しており「おおむね効果的」とのこと

・ 新規急性期治療薬「レイボー」の内服2時間後の片頭痛消失率は約35%.「1時間以上経過しても有効」だがめまいへの慣れが必要

・ エムガルティ・アイモビーグ・アジョビは効果的ゆえに「やめられない」ことが問題と考える当院は患者個々の出口戦略を模索中

ページトップへ